KYな父親

私の家族は皆KYです。中でも最も恥ずかしいほど空気を読まないのが父親です。
どれほど空気を読まないのかというと。

他人が話している会話をさえぎって、全く違う話題にする。
何の脈絡もなくです。

思った事をすぐ口にするので、女性に向かって歳いくつ?
足太いね、とか。おっぱいが大きいなど、体型や見た目のことでも平気で口にします。

そんな失礼な事を言ってはだめだと注意すると、だって本当のことだろと逆キレします。
男性にも頭がはげているとか、情けないヤツだなとか、すぐに面と向かって言います。

収入が低い、低レベルなど、最早KYなのか人の悪口しか思いつかないのか、分かりません。
私が最も恐れていることは、もし私が結婚相手でも連れてきたら、
彼の事を無茶苦茶に言い、彼の親戚にも呆れられるようなことを平気で言い、
あんな父親から生まれた娘なんかと結婚するな、と反対されるか、幻滅される気がして、
まだ見ぬ未来だというのに、今から憂鬱なほどです。

一度病院にいったら?言ったこともありますが、余計逆キレして手がつけられませんでした。
もしかすると、アスペルガー症候群かもしれません。
このサイトは勉強になります。
http://アスペルガー症候群治療.com/

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

音痴は頑張れば解消できる

“歌を歌うのって、大声を出すことができるので、凄くストレス解消になります。
ただ、私は決して歌が上手くなく、所謂音痴でした。
カラオケの採点でも、とても恥ずかしい数字が出て、周りの友人に失笑されたこともあります。

恥ずかしくて顔が真っ赤になり、人前で歌うのが苦手になりました。
好きで音痴になっているわけではないですが、やっぱり歌が上手い人には凄く憧れますね。

私も何度か歌が上手くなりたいと思い、頑張って少しは解消しました。
音痴を解消した方法は、ボイストレーニングのように空き時間を利用して、低い声と高い音を交互に発する練習をしていました。

音痴の原因と言うのは、大体は喉の筋肉を上手く使えていないそうで、やはり喉を意識して声を出して練習するのが良いみたいです。
声を意識して出すようにしたことにより、カラオケの採点で時々高い点数も出るようになりました。
その時はとても嬉しかったです。

もっと、簡単に音痴を治す方法が有れば良いのになぁといつも思います。

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

香里奈といえば、モデルから今ではドラマで主演も演じるほどの女優にまでなっています。女性にとってはファッション誌でもよく見かけますし、ドラマでもよく見るなあと感じている人も多いと思います。
 
しかし、香里奈といえば、ミステリーに包まれています。今まで目立った熱愛報道もなく、ドラマなどで共演した田中圭や山田孝之などとの噂も流れましたが、確たる証拠もないので事実は分からないままです。

彼女のはまっているものはDSのモンスターハンターだそうで、飾らない素顔が人を安心させるのでしょう。私生活についてもほとんど見せることがなく、ブログで私生活を公開している他のモデルや女優に比べるととても不思議な存在にも感じます。

これから、香里奈の意外な一面などが見えてきたらスクープといえるでしょう。

PR
おすすめ芸能ブログ

カテゴリー: 芸能関係 | コメントをどうぞ

引越し作業は二度手間にならないようにしましょう。

引越し前にはたくさんの荷物を段ボールに詰めていくと思いますが、これは1つの箱にはある程度似た物を入れるようにした方が良いです。例えばCDならCDばかりをまとめるという感じですね。
私は初めての引越しの時に、こういうことを考えずに入れてしまったんですよ。
すると引越し後に片付けようと思っても何がどこにあるのか分からなくなったり、片付けようにもあっち行ったりこっちへ行ったりみたいな感じで無駄に移動しなくてはならないのでかなり大変でしたからね。

またこの時には、段ボールに番号を書いておく事もオススメです。そしてノートか何かにその番号の箱には何が入っているのかをキッチリと記入しておきます。
これをすると片付ける時に計画的に行っていく事ができますのでかなりオススメの方法ですよ。
まあその分引越し前は結構大変になりますが、でも引越し後の方がもっとしんどいですから後で楽をするためだと思って作業していきましょう。
やはり引越しの作業は二度手間を減らす事も大切ですから、この事を考えながら行っていくのが重要だと思います。

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

お葬式は誰のためのものなのか

『終活』という言葉が生まれる程、現代のお葬式は様々なバリエーションを増やしている。

エンディングノートがヒットを飛ばし、故人自らが自分の葬儀に関して希望を書き連ねてあるのだ。

『延命治療はしてほしくない』といった死の線引きに関するものから『祭壇の花はこれが良い』など葬儀のプロデュース的なことまでなんでもござれだ。

そもそも、お葬式とは一体誰のものなのか。



もともとは、亡くなった方との最期のお別れを飾る物として、遺族や友人などその周囲の人間の気持ちの整理のためにあったものではなかったか。

もちろん、故人を悼み敬うといった面では亡くなった方のため、という見方もできる。

しかし、エンディングノートを残してまで自分の葬儀のプロデュースをする。

そうなってくると、書いて希望を残す側はいろいろ配慮するべきではないか。



私の友人に、そのエンディングノートに振り回された家族がいる。

彼女の祖母が亡くなった時、故人は土葬を希望していたようで、その希望を巡って祖母の実子、つまり彼女の父親兄弟が激しくもめたのである。

祖父の眠る墓は勿論火葬した骨壺を納める納骨堂で、祖母の希望を通せば夫婦の居場所が分かれてしまう。

しかし、母の最期の願いだから叶えてあげたい、と主張する兄弟もいて、一時は険悪な兄弟げんかの様相を呈してしまったようだ。

もし、生前の祖母からその希望について家族で話し合いたい、と一言あれば、事はここまで揉めなかったのではないか。



人は最期を迎えるにあたり、最期だからこそ願いを叶えたい、と普段なら制御できることも我慢できなくなってしまう。

今一度、自分亡き後、家族が困らないように、余計な揉め事の種をまかないように、そこに注意しながら自分の葬儀について考えてほしいものだ。

小さなお葬式資料請求

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

グラビアアイドル、第3次公認候補者に

石原慎太郎前東京都知事率いる「日本維新の会」は21日、12月の総選挙に向けて、東京21区に元タレントの佐々木理江氏を擁立するという第3次公認候補者を発表しました。佐々木氏は島根大学出身で、かねて政治の世界に興味があったそうです。「佐々木梨絵」の名前でグラビアアイドルやニュースキャスターとしての経歴を持ち、過去にはかなりきわどいセクシーショットも披露しているみたいです。グラビアアイドルの仕事だけでなく、ニュースキャスターの仕事をしていたそうで、個人的な政治手腕は別として、若い人の票集めには、一つの作戦だと思います。佐々木氏は「私の中ではOKでも、アングルによっては…。でも、私が歩んできた道ですから」と胸を張っていたそうですが、度胸はありそうです。佐々木氏は今春に維新の政治塾に入塾していたので、石原慎太郎前東京都知事率いる「日本維新の会」からの視点と、多くの人が描いている視点とは違うと思うので、選挙のときには、佐々木氏を推薦する理由について表明してくれると、いいなと思います。政治は、今までの仕事とも違う部分があると思うので、もし政治に関する才覚を持っている人であるならば、ぜひ手腕を発揮してもらいたいなと思います。またほかの候補者も、負けずに目に見える改革を進めてほしいなと思います。

カテゴリー: ニュース | コメントをどうぞ

多様化しているおせち

昨年のおせちは、伝統的な和の三段重や家族3世代で楽しめるおせちに人気が集まったみたいです。東日本大震災の影響を受けて、家族の時間を大切にする人が増えているといわれます。年の始まりはゆっくりと「家族」と向き合う大切な時間だと思います。高島屋の家族おせちは、2011年は、対2010年と比べて、プラス6%と売り上げを伸ばしたそうです。2012年高島屋のテーマは「家族で過ごす」3世代で楽しめるものから30~40代の若い世代の夫婦でも楽しめるように、話題の名店とのコラボも充実させたものになっています。特徴的なのは、正月三が日後、そろそろおせちに飽きてきた頃のための弁当や、イベント続きの正月を過ごす人のための、美容と健康を気遣ったカロリーがわかるおせちなどの提案みたいです。ちょっとおせちに飽きた人向けのおせちという感じです。お正月だから食べたい縁起ものなど、おせちに意味合いを持たせてほしいなと思います。たぶんおせちといっても、四十ライのおせちと両極端なおせちのニーズもあるんだと思います。販売者側の提案や希望よりも、消費者が食べたい物を売るのがいいのか、いつも悩んでしまうと思います。販売者側の売りたい物を売るより、多様化しているのが最近の傾向です。

カテゴリー: ニュース | コメントをどうぞ

お葬式などはとても大変なことがある

お葬式で葬儀はとても大変です。
自分の負担を減らす為にも余蘊サービスなどを提供してくれるような業者にお願いしてみるといったことが必要です。
最近の斎場は食事などをするような場所を利用するようなこともできるようになっています。まるで、ホテルのようなオールインワンでサービスしてくれるようになっています。
まるでツアーのように次々と進行していくといったことなどがありますが、それでも打ち合わせなどを入念にしなければいけません。
より良いお葬儀にするためには、喪主と業者と一緒になって取り組まなければなりません。そういった意味でも、業者選びはとても大切になってきます。
小さなお葬式口コミと評判≪辛口でお答えします。≫

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

おじいちゃんのお葬式

私のおじいちゃんが昨年亡くなった時に、お葬式に参加。

最近のお葬式は、お手伝いなんて不要なんですね。

町内会の人が手伝いしてもいいと話してくれましたが、会場であるセレモニーホールでは、お手伝い一切不要というコースに頼んでいたので、丁重にお断りすることに・・・。

葬儀に関しても、喪主さえしっかりして対応していれば、私たち身内は式にただ参列するだけ、後は、夜中の線香番のみです。

一昔前、おばあちゃんが亡くなった時は、町内の会館で行ったので、町内会の方々が必死に食事の支度や、受付当番、下足番など様々な仕事を引き受けてくれ、これもお互い様だから・・・と嫌な顔一切しませんでした。

ですので、この今回のおじいちゃんの葬儀は何だかさみしい感じがしました。

人や地域との繋がりがまた一つ消え去ったようです。

ですので、参列者も少ない感じがしました。宿泊施設もすばらしく、シャワーも完備、部屋には冷蔵庫が装備しており、ホテルみたいでした。

線香臭さもなく、なんだか本当にお葬式という感じでした。

最近の葬儀場は、とてもすばらしく変わってました。ですが、なんだか、今のご時世に合っていて、今後また近所との関わりなど、薄れていくように思え寂しくも思いました。

PR
小さなお葬式評判

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

再生可能な芸人と再生可能能エネルギー

「再生可能エネルギーを応援します。プロジェクト」の発表会見が行われました。再生可能エネルギーにかけて、再生可能な芸人としてよばれたのは、レイザーラモンHG、木村卓寛、楽しんご、三瓶、ムーディ勝山の懐かしい面々です。太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスといった再生可能エネルギーの普及を応援する目的で作られたもので、最近は、原子力の批判とともに、クリーンなエネルギーに注目が集まっています。かつて一芸で一世を風びしたが現在は低調気味の芸人5人が、「自らもまだまだ再生可能!」という信念のもと、キャンペーンユニット「再生可能ボーイズ」を結成しました。再生可能エネルギーは依然注目を浴びていたわけではなく、少しずつ認知されてきたのであり、新しいタレントを起用し、フレッシュなイメージのほうが良かった気もします。「再生可能ボーイズ」は、イベントや動画コンテンツ配信などを行ってプロジェクトを盛り上げるそうです。発表会見の会場で深々とお辞儀をし「どうもみなさん、お久しぶりです。当時は“右から右から”、と言っていたんですけど、今は“下から下から”」と、自虐的に述べて客席を笑わせたムーディ勝山のように、経済産業省資源エネルギー庁と吉本興業がタッグを組み立ち上げた試みはどのような盛り上げりを見せてくれるのか、期待が高まります。

カテゴリー: ニュース | コメントをどうぞ